数学が得意になる方法②

こんにちは、こんばんは
ECCベストワン上本町夕陽丘校の川原です

①では『圧倒的計算速度』をお話しました
これが第一段階で、何より計算が早くなると他より問題を解く量も多くなります
同じ勉強時間で多くの問題が解ける
積もればすごい差になります

今回は計算がものすごく早くなった後の話をします

例えば答えだけを記入する問題があるとします
高校入試はほとんどそうですし、センター試験は現状全部そうです
計算を途中で間違えると絶対に答えは違います
答えが違うともちろんその問題は0点です
たとえその問題を完璧に理解していても、点数は0点です
センター試験の数学に至っては、以降の問題全て不正解ということにもなりえます

速度が上がるとどうしても正確性が下がる傾向があります
この正確性がないと理解と点数が比例しなくなる
結果として算数・数学は点が取れないということになり嫌いになる
早いだけで正確性がないのは何かと良くない!

改善方法は『思い切ってめっちゃ遅く計算する』ことです
変な言い回しですが、絶対に間違えないように改革だけを追求してやるべきです
上でも言いましたが点数が取れないことが一番最悪なので、点数を取ることをまず一番に考えた方が良いです

ただし、あくまでスピードが一番大事です
精神論は個人差があるのであまり言いたくないですが、早く計算してその中でミスをすることに必要以上にムカついて絶対にこのスピードでも正確にできるようになるんだ!という強い気持ちを持つことが何より近道ではあります
ただ、これはかなり賢くなりたいという想いが強い子だけに限定されるかと思うので、それなら正確性を追求した方がよいという一種の妥協でもあります

まとめると
スピードも正確性も同じくらい非常に重要です
兼ね備えて、次のステップに移れると思います

次回、そのお話をします

ECCベストワン上本町タ陽丘校
大阪市天王寺区上本町8-4-17 ラシーヌ上本町2階
電話:0800-600-1519

上本町タ陽丘校についてはこちらから
成績UP実績
  • 無料体験学習申込み受付中