勉強の「仕方」を教えるとは…

中3の生徒に「フォレスタステップ」という教材を使って勉強を進めてもらっています。フォレスタステップという教材を使うと勉強の仕方を伝えるのに非常に便利なのです。

まず、何をしたらいいのか明確です。勉強の仕方がわからないというのはまず、何をしたらいいのかわからないから始まります。

続いてどうやってすればいいのか明確です。やり方が決まっているのでその通りにやれば勉強ができます。また自習できるように工夫されています。

あとはどれくらいやるかを教室で一緒に明確にし、それをいつまでにやるかを相談すれば完了です。

細かいスケジュールは決めません。綿密な計画は必ず、予定外の差し込みの用事が入りつぶれます。計画通りにいかないがためにモチベーションが下がり結果、やらなくなるというようになりがちです。

大事なのは期限だけ決め、スケジュールを立てますが必ず予備日を設けてそこで予定通りにならなかったものを実施し、そして期限通りに終わらせることです。理解度や定着度は2の次で、まずは終わらせること、ここに焦点をあてます。

どのみちフォレスタステップは3回くらいやり直しをします。そのやり直しのなかで定着度をあげてくれればいいと考えているので、最初は半分以上、問題で間違っていても気にしません。

次にやった時に間違えた問題が減っていればそれが成長です。なんどもやり直しをやっているうちにコツもつかんでくれます。

そして、教室では生徒用記録用紙も渡しています。スタディプラスなどのサービスは勉強の記録を残すためのものですが、記録に残すことがモチベーションにつながります。全中学生がスマホを使えるわけではないため、紙の記録用紙に記録してもらって、その用紙に予定と実際を記録し、毎週のチェックを行っています。

 

2021年は中3になる生徒にもこの冬くらいから少しずつ、その取り組みをしてもらおうと考えております。

 

今、中学校2年生のお子様がいらっしゃるご家庭で、勉強の仕方がまだまだ分かっていないようだとご不安があるかたがいらっしゃいましたら、ぜひ、一度、お問い合わせください。

ECCベストワン桃山台二ノ切校
豊中市新千里南町2丁目6-12 第2トーエイビル301号
電話:06-6871-2704

桃山台二ノ切校についてはこちらから
成績UP実績
  • 無料体験学習申込み受付中