合格発表

こんにちは、個別指導ECCベストワン桃山台二ノ切校の友永です。

昨日から国公立大学の合格発表が始まっています。今日、私は大阪教育大学で合格発表掲示を見てきました。塾の先生としての仕事と、教え子の合格発表を見るためです。かつて、私が受験生だった頃は自分の目で合格掲示を見に行ったり、ラジオで読み上げられる合格者の名前にドキドキしながら耳を傾けたものです。合格発表の翌日の地方紙には、合格者の名前が掲載されていて、友達の合否を知ることもできました。しかし、時代は変わりました。合格発表の日にスマホやパソコンにIDとパスワードを入力すれば、容易に合否が確認できます。そのためか、合格者掲示で合否を確認する受験生や保護者の方はそんなに多くありませんでした。昔は人の波をかき分けて掲示板へ向かったものです。「時代だなぁ…」と思いながら緊張して待っていると、合格発表の時間となり、受験生たちは、ゆっくりと掲示板へと向かっていきました。そして…湧き上がる歓声。「あった、あった!」「受かってた!!」「やったー!」…。そこかしこから喜びの声が聞こえます。あたりを見回すと、一緒に来ていたお母さんと笑顔で抱き合う女の子、胴上げをされ、笑顔の男の子、少し離れたところで、親御さんに泣きながら合格の報告をする男の子もいました。胴上げされたいた男の子もいましたね。まったく見識がない人たちでしたが、思わずおめでとう、と言いたくなるような雰囲気です。もちろん、残念な結果になった人もいますし、むしろその人たちの方が圧倒的に多いのが現実です。飛び飛びになっている受験番号がそれを物語っています。幸い、教え子は合格していました。彼は自宅で自分の合否を確認し、合格の連絡をしてきました。「合格発表までの間、生きた心地がしなかった」とのことでした。合格していて本当に良かったです。私は彼の知らせを聞いた後、仕事をしてから帰路につきました。

合格発表はその後の人生の方向を変えるものです。出来うる限り、生徒さんには「合格の喜び」を味わって次へ進んで欲しいと思います。逆に、努力が足りなかった場合は「不合格のくやしさ」も、次の成功のために必要なものです。結果をしっかり受け止めてもらいたいとも思います。

あと数日すれば、今年も春期講習会が始まります。一人でも多くの生徒さんが「合格の喜び」を味わえるよう、頑張っていきます。

ECCベストワン桃山台二ノ切校
豊中市新千里南町2丁目6-12 第2トーエイビル301号
電話:06-6871-2704

桃山台二ノ切校についてはこちらから
成績UP実績
  • 無料体験学習申込み受付中