割合。

みなさん、こんにちは~。

 

今日は突然ですが、小学生の割合についてお話します。

 

 

「割合」という単元は小学5年生で学習します。

率直に申し上げまして、小学生の間で学習する算数の内容においては

最難関であり、最重要な内容だと思います(中学受験を除く)。

 

 

 

何が最難関かと言いますと、今までとは異なり、

 

 

 

とりあえず割っといたら

 

 

とか、

 

 

 

とりあえずかけといたら

 

 

とか

 

 

 

が一切通用しません。割り算の問題のほとんどが文章題です。

場合によっては、□(中学で学習するエックス)を使う場合もあります。

 

 

この単元は根底理解と、文章題に対する確実な理解が必要です。

つまり、何を求めて何を答えるなければならないかということです。

「勘」ではなかなか正解にはたどり着けません。

立式からの計算過程でも小数がかなり出てきますし、計算も複雑なものが多いです。

 

 

 

ここで躓いてしまったら、中学校の数学でも危機的状況にさらされる可能性が

高くなると思ってください。

 

 

逆に言うと、ここさえきっちりクリアしてしまえば、小学校の算数はおおよそクリアした

といっても過言ではありません。

 

 

 

今日は珍しく、真面目な内容になってしまいました(笑)。

 

 

いや~、それぐらい大事ってことです。ホントに。

 

 

 

 

 

それでは、また!!

 

 

 

 

 

 

これをクリアするためには何度も何度も演習を繰り返しパターンを掴むことが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ECCの個別指導塾ベストワン 中百舌鳥校

 

ECCベストワン中百舌鳥校
堺市北区中百舌鳥町5-660-1 スタツィオーネなかもず2F
電話:072-250-9930

中百舌鳥校についてはこちらから
成績UP実績
  • 無料体験学習申込み受付中
  • 無料メールマガジン登録